concept

コンセプト、
イメージ

「クローズアップ輝ける人」とは?

カリヨン徳島が、徳島で輝いている人にスポットを当てる“クローズアップ輝ける人”

取り上げるジャンルは様々ですが、その人の輝ける魅力や原点、そして結婚観についてインタビューをし、伝える企画です。

interview

インタビューゲスト

岡久杏菜 (おかひさあんな) さん

記念すべき第一回のゲストは…

平成24年の阿波踊りポスターを飾り、「奇跡の一枚」として24時間テレビにも取り上げられた岡久杏菜さんです。

IMG_7445

徳島県と徳島市が別々に阿波踊りポスターの写真を募集したところ、全く同じポーズをした全く同じ人の写真が採用されました。阿波踊りに参加した踊り子さんは2万人。

それぞれ県と市のカメラマンが7000枚と8000枚から写真を選び、さらに県庁は50枚から1枚、市役所は234枚から1枚を選んでいるため、同じ人の写真が使われる確立は6552億分の1。そして何と全く同じ場所、時間に撮影されていたとのこと。これはまさに奇跡の1枚です!!

結婚を意識されたのは、いつ頃からですか?

岡久さんプロポーズをされてからです。プロポーズをされるとも思っていなかったので突然のことでしたが、何の迷いも無くOKの返事をしました。

出会いのきっかけは何だったのですか?

岡久さんお互い阿波踊りを趣味でやっていて、県外への遠征にたまたま一緒に行く機会があり、そこで出会いました。今考えると… 運命的な出会いでした!!

この遠征よりもっと前のお盆時期にある前夜祭の練習で彼は私の存在を知っていたようでしたが、私に話しかける事は無く、また必ず出会えるだろうと思っていたようです。

お盆本番が過ぎ、県外の遠征に行き、その最後の打ち上げで偶然私の目の前に座りました。

その時に彼から「やっと会えたね」と声をかけられました!!すごく驚きましたが、今までそんな事を言われた事がなかったので、何だかとても嬉しかったのを覚えています。

「この人と結婚しよう」と思った最大の決め手(きっかけ)は何ですか?

岡久さんお互い阿波踊りをしているため、夏は忙しく時間も作れずすれ違いが起きると思っていたので、夏を越えられたことがとても大きかったですね。どんなに忙しくてもお互いの時間も一緒に居る時間も大切に出来て、夏が終わっても今まで通り楽しく笑って過ごせていました。彼の家族は阿波踊り一家であるため、大変な時は厚くサポートをしてくださり、助けてくれていました。

もうひとつは、彼が私の両親や家族をとても大切に思ってくれたことです。

彼の存在で、家族の会話が増え、より家族がまとまって仲良くなったような気がします。

今まで知らなかった新しい家族の一面を彼から教えられた気がします。

では、それまでは結婚に対するイメージというか、結婚をどのように思っていましたか?

岡久さん結婚は我慢!!というのもよく聞きますし… 自分が結婚する時は、そんな感じは嫌だな~!!結婚するなら幸せいっぱいで、いつも二人で楽しく笑っていたいと思っていました。

結婚して、そのイメージは変わりましたか?

岡久さん大きく変わりました。家に帰るといつも大好きな人が居て幸せです。

どんな時も側に居て支えになってくれる人が居る事が心強く頼もしいです。

お互い楽しく過ごせていますし、迷惑をかけている部分もあるかもしれませんが、二人で理解しあって幸せな毎日が送れています。

結婚生活において、夫婦で大切にしていること、相手に対して大切にしていること(約束事のようなもの)は何かありますか?

岡久さんお互いの時間を大切にすることです。友人関係はもちろん、それぞれの趣味や自由な時間を大切にし、それを応援する事ですかね。結婚した事でお互いが我慢したり、周りに居る大切な人との時間を疎かにしたりするのは嫌だったので…。

お互いの自由な時間があるからこそ、一緒に過ごす時間も楽しく二人らしく過ごせていると思っています。それは、これからも変えたくないですね。

結婚式を振り返ってどんな1日でしたか?

岡久さん実際に結婚式をして、周りの人へ感謝の気持ちを伝えられる本当に素敵な1日だと思いました。こんなにも多くの人に支えられているんだなということを実感し、ここに居る人たちをもっともっと大切にしていかないと!!と思わせてくれた1日でもありました。

結婚式で1番感動した事はなんですか?

岡久さん専門学校時代の友人が作ってくれだDVDです。そこには地元の友達や職場、家族も登場していて、知らない間に輪が広がり、大好きな人たちが繋がって仲良くなってくれている事が本当に嬉しく、感動しました。

あとは、天水連とうずき連の阿波踊りのコラボですね!!

彼のお父さんが昔考えた構成を2つの連の男踊りがコラボして踊ったんです。

もちろん、お父さんが先頭で踊りました!! いろんな想いがこみ上げ、彼も大号泣でした。

これから結婚する女性の皆様にメッセージをお願いします。

岡久さん結婚は絶対に二人をパワーアップさせるものだと思います。相手を思いやる気持ちがあれば絶対に幸せになれるし、自分次第だと思います。結婚は本当に幸せでよいものですよ!!

阿波踊りを始められたのはいつ頃からですか?

岡久さん中学校1年生の2月からです。

阿波踊りをしていて大変なことはありますか?

岡久さん練習は厳しいし、仕事もしながらなので体力的に疲れる事もありますが…
それほど大変だなと感じたことは無いかもしれません。好きな事を全力で出来ている事がとても幸せです。夏に友人とあまり遊べない事は少し寂しいですけどね(笑)

阿波踊りをしていて良かったこと、阿波踊りを通して得たものはありますか?

岡久さん人の輪が広がった事です。若い方は中学生から、上の方は80歳近くの方までいらっしゃいます。阿波踊りをしていなければ出逢えなかったたくさんの人と繋がり、そこから趣味の枠を越えた多くの事を本当によく学ばせていただいています。

趣味のひとつではありますが、社会勉強のようなものでもありますね。

あとは、1つの目標に向かって大勢の人と努力し、成し遂げる楽しさを実感できた事です。みんなと頑張っている時間が大好きで、とても楽しいですね。

そして、伝統芸能の素晴らしさも実感しています。徳島に阿波踊りがあって本当によかったと思いますし、これからもずっとずっと広げ繋いでいきたいと思います。

最後に阿波踊りはあなたにとって何ですか?

岡久さん「なくてはならない、自分を創ってくれるもの」です。でも、それが無ければ自分がダメになるわけでなく、あくまでも自分の一部のようなものです。

どの質問にも飾らず、目を輝かせながら楽しそうに語ってくださった杏菜さん。

素敵な笑顔はもちろん、内面から溢れ出す魅力がとても印象的でした。

これからのますますのご活躍を応援しています!!

輝ける人プロフィール

岡久杏菜さん (26歳)

  • うずき連所属
  • 阿波踊り歴14年
平成24年の阿波踊りポスターを飾り、「奇跡の一枚」のモデルとして24時間テレビにも取り上げられる。
現在もうずき連連員として全国各地で徳島の伝統阿波踊りを熱演中!

インタビュアー

赤井 智美 28歳

幸せを創る結婚式の魅力に惹かれ、ブライダルに携わり10年。 結婚式場での5年間のプランナー経験を活かし、ウェディングアドバイザーへ。 様々な結婚のカタチが存在する昨今。結婚するおふたりに寄り添い、理想の結婚式を叶えるべく日々邁進。

バックナンバー

to top